自然写真家 新井人の世界

穀雨すぎて

2016年4月22日

春の最後の二十四節気穀雨が過ぎて、森の芽吹きにも拍車がかかりました。その森の林床には多くの植物が芽を出し、花を咲かせています。今年は4K撮影に重きを置いていますから、時間を見つけては撮影を続けていますが、それでも植物の速さにはかなり遅れを取ってしまっているのが現実です。それでもあえて負け惜しみを言えば、春の息吹の中に浸かれる喜びを五感で感じている毎日です。春はほんとうに嬉しい・・・

ブナ芽吹いて

カテゴリ:徒然なるままに
2018年7月18日
2018年7月17日
2018年7月16日
2018年7月15日
2018年7月14日