自然写真家 新井人の世界

徒然なるままに

双六岳背負って

2020年7月2日

いつものラムダ槍ヶ岳ではなく少し小型の双六岳に、ルミックスGH5+GH5S+ズイコー7-14mmF2.8+12-40mmF2.8+40-150mmF2.8+LEICA DG VARIO-ELMAR100-400nn4.0-6.3を入れて、霧雨が漂う幻想的な森を歩きました。生憎アカゲラの姿は見つけることができませんでしたが、ミズスマシの池では霧雨ならではの光景を、またトンボ池ではいくつかのトンボをとることができました。天気予報ですとしばらくは梅雨らしい・・・

カテゴリ:徒然なるままに

本日スタート

2020年7月1日

新型コロナウイルスの不安を抱えたまま、今日から今年の尾瀬がスターですから、無事にシーズンの終わりを願うばかりです。

 

カテゴリ:徒然なるままに

明日スタート

2020年6月30日

いよいよ明日今年の尾瀬がスタートします。尾瀬沼地区ではすべての山小屋が、尾瀬ヶ原地区では元湯山荘、原の小屋、尾瀬小屋、第二長蔵小屋、竜宮小屋、尾瀬ロッヂを除く山小屋が営業を開始するそうです。また至仏山登山も解禁となるようですから、待ちわびは多くの人たちが尾瀬を訪れることと思われます。ただ、都会では連日新型コロナウイルス感染者が50人を超えていますから、山小屋だけではなく尾瀬を訪れる人一人一人が・・・

カテゴリ:徒然なるままに

雨の日に

2020年6月29日

朝からの雨でしょうか入園者の出足が鈍く少し気にしてましたら、傘をさしカッパを着た人たちが森歩きを楽しんでいました。私はお決まりのコースを廻り昆虫館隣のトンボ池で、運良く昆虫に明るいガイドさんと出会いカエルやトンボ、それから背中にハートマークを付けたカメムシなど、自分では決して見つけることのできない小さな生き物を次々に教えてもらい、雨を気にすることもなく写真と4K動画撮影をすることができました。雨の日は・・・

カテゴリ:徒然なるままに

中休み

2020年6月28日

梅雨前線が南に下がった影響でしょうか、朝から暑い日差しで気温がグングン上昇して、真夏のような陽気になりました。こうなると心配なのが熱中症ですから、できるだけ森の樹々が繁り直射日光を避けながらの行動をしなければなりません。そんな折ふと思ったのですが、人間は木陰に逃げることができますが、身動きのできない森の樹々は容赦なく強い日差しを直撃を受けなければならず、それこそ生きるか死ぬかの戦いを連日繰り返すことになり・・・

カテゴリ:徒然なるままに

大江湿原

2020年6月27日

手放しで喜んで良いのかどうか正直複雑な思いがしますが、7月1日から多くの山小屋が営業を開始して、今年の尾瀬シーズンがスタートします。写真は尾瀬沼地区で一番大きな湿原大江湿原で、今年も緑の湿原に白いワタスゲの花穂や赤いレンゲツツジが、見事なコントラストを見せてくれると思います。そして中旬には鹿ネット効果で復活して来た夏の代名詞、ニッコウキスゲの群落が夏空に映えると尾瀬の短い夏は・・・

カテゴリ:徒然なるままに

残雪少なく

2020年6月26日

写真は鳥海山5合目鉾立展望台から、40-150mmレンズで撮影した残雪を踏み締めて登る人たちの姿です。この写真は初めての人はたくさん雪が残っているように思うかもしれませんが、この季節の表情を見慣れた人にはずいぶん少ないと感じたでしょう。そんなことから、日本海から一気に聳え立つ鳥海山も暖冬小雪だったことを物語っています。鳥海山は信仰の山ですが、同時に高山植物の山としての人気が高く、梅雨空の下でも・・・

カテゴリ:徒然なるままに

初ウグイス

2020年6月25日

鉾立展望台から奈曽渓谷と鳥海山を、いつものように600枚のインターバル撮影を済ませた時に、ウグイスの声が耳に入り探しました。しかし、なかなかその姿を捉えることができずに諦め用としたら、幸いにも視野にとまりました。早速GH5にLEICA100-400mmF4.0~6.3を着けて、これまたいつもの写真+4K動画撮影をすることができました。余談になりますが、ウグイス色はメジロの色でウグイスの色ではありません・・・

カテゴリ:徒然なるままに

法体の滝

2020年6月24日

鳥海山麓の内陸部にある滝で、日本滝百選に選ばれている名爆です。ここも昨年は訪ねることができませんでしたが、周辺は一旦中止になったダム建設が復活して、近々その工事が始まるとのことでした。写真はつづら折りの階段を登り展望台から、雨の後に撮影したものですから迫力ある姿をしていますが、水量が比較的少なくなる秋などは紅葉と見事なコントラストを見せて、鳥海山麓でも人気の高い名勝と言えます。また上流部の玉田渓谷には学術的に珍しい甌穴が・・・

 

カテゴリ:徒然なるままに

元滝

2020年6月23日

伏流水の豊富な鳥海山麓にはいくつもの滝がありますが、象潟町を代表する滝が元滝です。実は現在の元滝の上流部に立派な滝があるのですが、ここ10数年はその名爆を訪ねることができなくなっています。ちなみに観光パンフレットなどによると、鳥海山に降った雨と雪が約80年の歳月をかけて、伏流水として現れているとのことです。岩肌から湧き流れ落ちる滝は緑のコケと相まって、写真撮影のスポットとしても人気が高くなり、多くのカメラマンが・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2020年7月2日
2020年7月1日
2020年6月30日
2020年6月29日
2020年6月28日