自然写真家 新井人の世界

徒然なるままに

続々と

2018年9月19日

敬老の日を待っていたわけではないでしょうが、アサギマダラの飛来がだいぶ増えて来ました。しかし、まだまだ乱舞と呼べるような撮影は先のようです。それにしてもノーマーキングの個体、光線の状態、背景などなどを考慮しての撮影はなかなか難しいもので、納得のいく撮影ができないでいます。今年は例年になくフジバカマの状態がすこぶるいいですから、昔のように4,000~5,000頭の来園を心待ちにしていますが、やはりそれは夢物語・・・

カテゴリ:徒然なるままに

2019年カレンダー

2018年9月18日

今年も尾瀬のカレンダーができました。例年好評秋には完売となりますから、ご希望の方はお早目に尾瀬林業事業所にお申し込み下さい。TEL 0278-58-7311    http://www.welcome-to-oze.com

カテゴリ:徒然なるままに

マイマイ

2018年9月17日

でんでん虫ムシカタツムリも見かけ始めたら自宅で、尾瀬の三平峠で、そしてまたもや自宅でと、続けざまに見つけることができました。しかも今回は5匹(?)とまとめて見つけることができました。種類は知識がないから定かではありませんが、ヒダリマキマイマイなのかもしれません。時代の流れに伴い環境の変化などで田舎から姿を消しつつあるアブラゼミ、ミンミンゼミなど、そしてカタツムリ・・・小さな生き物の姿からも生態系の変化を感じさせられ・・・

カテゴリ:徒然なるままに

改名を

2018年9月16日

天城山系手引頭に数百年鎮座しているコケブナ、これまでは誰言うとなくタコブナと呼ばれていましたし、私もそれに習っていましたものの、繰り返して訪ねているうちにタコブナではあまりにも失礼じゃないかと思い、数百年生き続けるブナに畏敬の念を込めて「千手観音」と呼ぶこととしました。天城山系は一説によりますとかつて天領であったがために伐採から逃れ、巨木の森が今も残っているとのことですが・・・

カテゴリ:徒然なるままに

アサギマダラ

2018年9月15日

9月も中旬となり気温が下がったからでしょうか、日増しにアサギマダラの飛来が増えてきました。今年は例年になくフジバカマの元気がいいから、この分ですとかなりの頭数が期待出来るかもしれません。ただ園では午後になりますとマーキングを行いますから、撮影者の勝手な言い分を述べますとけして歓迎すべきことではありません。毎日増える飛来数、そしてやはり増えるマーキングされたアサギマダラ、さて如何にして撮影するかは、やはり撮影者一人ひとりの・・・

カテゴリ:徒然なるままに

雨の日に

2018年9月14日

雨の中での撮影はけして快適ではなく、どちらかと言えば煩わしい作業と言えます。しかし、出来上がった写真を眺めると、晴天時のそれとは比べものにならない味わいがあります。だからと言って写真すべてが雨の中が良いと言う意味ではありません。写真は赤城自然園のブナ林ですが、霧雨の中で撮影をしたために、普段ではみられない幻想的な雰囲気を醸し出しています。雨の日は撮影者はもとよりカメラ、レンズが濡れないように工夫をしなければなりませんが・・・

カテゴリ:徒然なるままに

静かな峠路

2018年9月13日

一ノ瀬の三平橋を渡り登山道を進むものの、数人の下山者に出会っただけで岩清水から三平峠を越えてしまい、かつての賑わいが遠い記憶の世界になってしまったことを感じました。たしかに尾瀬ヶ原に小一時間で入山できる鳩待峠に比べると、大清水~一ノ瀬をバスを利用しても尾瀬沼までの道のりは長く、三平峠から尾瀬沼に下る木道はいたるところで壊れ、それはもう危険状態とも言えるほど荒れていますし、木々の枝が空を遮り展望も非常に悪くて、みんなの尾瀬をみんなで楽しむことを提唱している環境省の本意を疑いたくもなります。もしかすると、登山者が怪我をしてマスメディアなどから管理責任を叩かれないと、知らぬ存ぜぬを決め込む・・・

カテゴリ:徒然なるままに

初秋

2018年9月12日

夏の喧騒が嘘のような大江湿原を歩いてみましたら、尾瀬の花の最終ランナーエゾリンドウが初秋を感じさせてくれました。またナナカマドやオオカメノキの実も赤く熟していて、尾瀬のシーズンの終わりが近づいてきたことも感じてしまいました。写真はエゾリンドウと燧ヶ岳ですが、このアングルでこれほど多くのエゾリンドウを撮影した記憶がありませんから、曇天の空で撮影条件としてはいまいちですが、記録用にと撮影してみました。尾瀬の湿原ではこれから日々草紅葉が・・・

カテゴリ:徒然なるままに

大江湿原

2018年9月11日

尾瀬沼周辺では一番大きな湿原が大江湿原で、その大江湿原を尾瀬沼越しに眺めた風景です。ここは尾瀬沼地区でも一番人気の高い撮影スポットですから、夜明け前から多くのカメラが並びます。太古の昔から変わることのない尾瀬の夜明けの光景は、いつも新鮮で40数年通い続けてもけして飽きることにない・・・

カテゴリ:徒然なるままに

尾瀬沼

2018年9月10日

停滞する秋雨前線が気になるものの、ラムダのカメラザック槍ヶ岳にGH5+GH5S+M.ZUIKO7-14mmF2.8+M.ZUIKO12-40mmF2.8+M.ZUIKO40-150mmF2.8などを詰め込み、三平峠を越えることにしました。この峠路はかつて青い空を映す尾瀬沼が美しく輝いていたのに、最近では生い茂る樹木で展望が非常に悪くなったままですから、尾瀬沼や大江湿原は枝越しにかすかに望むだけになってしまいました。そんなことから関係者も景観と安全面などから枝落とし等を要望しているとのことですが、一向に聞き入れてもらえないとの・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2018年9月19日
2018年9月18日
2018年9月17日
2018年9月16日
2018年9月15日