自然写真家 新井人の世界

徒然なるままに

スミナガシ

2019年9月22日

擬態の名手とも言われていると言うスミナガシの幼虫を、今年は数多く見ることができます。特にチョウの原っぱのアワブキでは賑やかです。そのスミナガシの撮影は・スタジオ・でなくて、あくまで自然の中ですから図鑑写真のようにはいきませんが・・・

 

 

 

 

カテゴリ:徒然なるままに

ナンバンギセル

2019年9月21日

過去に数回ススキの根元で咲いているナンバンギセルを見たことがあり、赤城自然園でもトンボ池近くで見た記憶があります。そのナンバンギセルをツツジの谷のミョウガに寄生していると、同園のスタップが教えてくれました。加えて万葉集にも登場している植物で、園芸植物としても人気が高いとのことでした。何れにしても久しぶりに出会ったナンバンギセルを、いつものように写真と4K動画で撮影できたことは、今日の収穫のひとつと言ってもいいでしょう・・・

カテゴリ:徒然なるままに

初撮影

2019年9月20日

北からの涼しい風に吹かれて森を歩いていたら、自然園の若いスタッフの方にアオバセセリの幼虫を教えていただきました。この幼虫は昨年も教えていただいたのに、外敵に殺されてしまい撮影できないでいましたから、喜びはひとしおでした。ただ風が梢を揺らしてしまうために、なかなか思うように撮影できずにかなりの時間を要してしまいました。この後幼虫は糸を吐きながらマイホーム造りに入りましたから、その一部始終を撮影できたら・・・

カテゴリ:徒然なるままに

トンボ帰り

2019年9月19日

急な所用のために慌ただしく上京して、東京駅近くでの会食と打ち合わせを済ませ、夕方までには戻らなくてはなりません。こうした場合は確かに、高崎~東京間を普通電車より約1時間短縮している新幹線は便利に思います。その新幹線料金は片道2,470円ですから、単純に考えると時間給2,400円になります。したがって政府の言う最低賃金の2,?倍ほどになりますから、利用者の多くはそれ以上の時間給を得ているのだと思います。それにしても在来特急をほとんど切り捨てて、有無を言わせず新幹線乗車にシフトしたJRは何と素晴らしい会社・・・

カテゴリ:徒然なるままに

快晴

2019年9月18日

天気予報が外れた前日とは打って変わって、雲ひとつない快晴の朝でした。こうした時には朝靄が湿原を漂い、消え去る時間帯に白虹が現れることが多いのですが、あいにく朝靄が薄かったためでしょうか、人気の白虹は幻に終わってしまいました。しかし清々しい朝に多くの宿泊者は感動して、次々に小屋を後にして行きました。東電小屋の営業もおおよそあと一月となり、尾瀬のシーズンの短さを改めて痛感し・・・

カテゴリ:徒然なるままに

タムラソウ

2019年9月17日

中田代牛首分岐をヨッピ橋方面に進み、下ノ大堀川を渡って直ぐの右側には今年もタムラソウの群生が見られました。残念なことに見頃は過ぎてしまいましたが、それでもやはり感動してカメラを向けてしまいました。このタムラソウの群生地周辺は、今年から環境省がシカの食害から植物を守るために、初めて防鹿ネットを設置した場所でもあり、その成果が期待されている場所でもあります。それから数輪でしたがオゼヌマアザミも残っていてくれて・・・

カテゴリ:徒然なるままに

食欲の秋

2019年9月16日

さわやかな風が吹きぬけていく森を歩き、ナナフシ橋を渡ると自然生態ゾーンとなります。コナラ林の中は生い茂っている葉が直射日光を遮ってくれるので、なおさら心地い森歩きを楽しめます。そしてチョウの原っぱに足を踏み入れると、まだオミナエシの黄色いろが明るく目に入ります。その脇のアワブキの枝に注視すると擬態で見つけ難いのですが、大小のスミナガシの幼虫を数多く見つけることができます。中には夢中で葉を食している個体もいて・・・

カテゴリ:徒然なるままに

ウメバチソウ

2019年9月15日

すでに草紅葉の始った湿原で、白い花が数多く目立ちます。ひとつはイワショウブでもうひとつは写真のウメバチソウです。このウメバチソウですが、今年はやけに数が多くあるようにみられ、宿舎の東電小屋までの間に何度も写真と4Kで撮影しました。湿原からイワショウブやウメバチソウの姿がすくなる頃になると、尾瀬の花の最終ランナーとも言われているエゾリンドウが咲き・・・

カテゴリ:徒然なるままに

気になる森

2019年9月14日

日に日に秋の気配が深まる中、気にかかるのは標高2,000mを超えるコケの森です。おそらくナナカマドの実は赤く染まりはじめて、ゴゼンタチバナノの実も熟しはじめていると思います。そんなことから乏しい記憶を紐解くと、コメツガ、トウヒなどの林床を埋めつくしているコケの絨毯の緑色です。そんなことから北八ヶ岳の白駒池周辺の森、それから静かなたたずまいの茶水池周辺の森などです。ともかく北八ヶ岳にはコケの森が広がり・・・

カテゴリ:徒然なるままに

いたいた

2019年9月13日

大きな被害がなかった赤城自然園を歩いてみたら、チョウの原っぱのアワブキの枝に小さなスミナガシを見つけました。やや高い所なので三脚をいっぱい伸ばして背伸びをしての撮影となり、微風で枝が揺れてしまい4K映像の撮影には時間を費やしてしまいましたが、なんとか無事に収めることができました。今後はこの小さな生きものを追い続けてサナギになるまでを記録できたら、とりあえずは来春の羽化を待つこととなります。果たしてそううまく・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2019年9月22日
2019年9月21日
2019年9月20日
2019年9月19日
2019年9月18日
2019年9月2日
2019年9月2日
2019年7月17日
2019年4月16日