自然写真家 新井人の世界

徒然なるままに

今日も見上げて

2019年11月19日

別記しましたように今年の紅葉は歩く視線、目線ではなかなか撮影することができずに、今日も三脚をいっぱいに伸ばして見上げながらの撮影となってしまいました。それでも太陽の光を透過光として活用しなければ、秋色の表現をすることはできませんでした。写真は定番のブナ林にてブナとカエデを、しかも太陽をブナの幹で隠しながら広角レンズで撮影しました。そんなことから今年は類似したアングルが多くなってしまい、どことなくワンパターン的な・・・

カテゴリ:徒然なるままに

モミジ狩

2019年11月18日

遅れていた赤城自然園の紅葉も、ようやく見頃を迎えて来ました。中には美しい色を見せないまま散り急いだ木もあり、予想はしていたものの残念な撮影とも言えました。それでも秋の日差しに包まれた休日ともあり、カメラ、スマホを手に訪れる人が後を絶たたない賑わいでした。同園の今年の開園はおおよそ二週間ですから、師走になるまでにどんな表情を見せてくれるのか・・・

カテゴリ:徒然なるままに

葉を落として

2019年11月17日

天城山系の多くのブナも美しい紅葉をしないままに、無残にも葉を落として初冬の装いをしてしまっていました。今年は夏の長雨や台風で森が揉まれたためではないでしょうかと、地元のネイチャーガイドさんが話していましたように、残念な光景で冬に備えているようでした。それでも天城山系にはコケを纏ったブナの巨木が多いから、秋の日射しを利用することで何とか天城らしさを表現することができました。拙宅から片道約300キロの天城山系・・・

カテゴリ:徒然なるままに

馴染みのブナ

2019年11月16日

旧天城トンネルも寒天橋方面に抜けることができないためでしょうか、この季節としては意外と閑散としていて静寂感が漂っていました。早速身支度を整えて九十九折の登山道を、旧天城峠を目指しました。この登山道もあちこちに先般の台風19号の爪痕が多く、自然の猛威を実感しながらゆっくりと登りました。写真はその峠に鎮座する馴染みのブナで、本来ならば地表に露出している白骨のような根張りを撮影したところですが、今回はあえて地球の引力に逆らうように伸びる・・・

カテゴリ:徒然なるままに

静かな森

2019年11月15日

天城縦走路、伊豆山稜線歩道を繰り返し歩いて、コケブナの森を撮影していますが、あまり登山者、ハイカーには会うことはありません。特に今年は台風の被害で、寒天林道八丁池口へのバスが運行できないためになおさらです。観光関係者の中には、一年で一番の稼ぎ時に大きな痛手だと肩を落とす人もいます。台風の傷跡はこの道路だけではなく、天城山系のいたるところで見られますから、これまでの姿に戻るにはかなりの時間がかかるようです。少し動くと汗ばむような光に包まれた森の中で・・・

カテゴリ:徒然なるままに

遠望

2019年11月14日

伊豆山稜線歩道をツゲ峠から離れて、緑のコケに覆われている平地から一気に稜線に登り上げたら、日本晴れの彼方に雪を纏った富士山が飛び込んできました。やはり富士山には雪化粧が美しいと、いささか観光的な写真を数カット撮影しました。その後アセビの藪やニホンジカのヌタ場などを横目に、休憩ベンチや道標のある三蓋山頂まで撮影を続けました。しかし狙っていた紅葉はと言えば壊滅的で、正直落胆したのが偽りにない感想でした。昨年も紅葉には・・・

カテゴリ:徒然なるままに

光る海

2019年11月13日

富士山の撮影地から視線を南に向けると、逆光で眩しく光る太平洋を間近に眺めることができました。友人の説明ですと左側に江ノ島、その先が三浦半島、さらに奥に房総半島まで確認することができました。また目を右側に移すと小田原市の先に伊豆半島が、どっしりと横たわっていました。そう言えば、ここのところ伊豆半島天城の森にご無沙汰をしていますから、先の台風被害などの爪痕を記録しながら、少し撮影しなければならないと・・・

カテゴリ:徒然なるままに

秀峰

2019年11月12日

三ノ塔方面の登山では、生憎その美しい姿をすっきりと見られませんでしたが、下山しての帰路には晴れ渡った秋空の下、秀峰富士山を眺めることができました。こんな光景を目にするとカメラやスマホで写真を撮るところが、いかにも日本人らしいと感じてしまいました。それにしても丹沢と大山は都会に近いこともあり、多くの人たちが訪れていることに改めて驚かされました。それに比較すると東北地方の山々の多くで登山者が少なく、いつでも比較的静かな山歩きを・・・

カテゴリ:徒然なるままに

日本武尊の足跡

2019年11月11日

とある研修会に参加して神奈川県の丹沢に行き、塔ノ岳コースを歩きました。そして途中で古代のヒーロー、ヤマトタケルの足跡を教えてもらいました。この登山コースは人気が高いとみえて、老男若女多くの人たちが秋晴れの登山を楽しんでいました。この丹沢の山々の連なりリは神奈川県民の水源地であり、神奈川の屋根とも言われていているとのことでした。ちなみに1965年に丹沢大山国定公園に指定され、稜線部などは特別保護地区として保護されているとの・・・

カテゴリ:徒然なるままに

観光

2019年11月10日

会津路で映画「遠き落日」を思い出したものですから、急遽野口英世の生家を訪ねてみました。写真は生家内の囲炉裏で、英世博士が左手に大やけどを負った場所とのことです。また猪苗代湖に近いことから刈り取りの終わった田んぼには、多くの白鳥が長旅の疲れを癒しながら落穂をついばんでいました。そして振り返ると会津の名峰磐梯山が秋空に凛と聳えて・・・

 

カテゴリ:徒然なるままに
2019年11月19日
2019年11月18日
2019年11月17日
2019年11月16日
2019年11月15日