自然写真家 新井人の世界

冬芽

2016年12月13日

すっかり葉を落とした森の中を歩いていると、個性豊かな様々な冬芽(トウガ・フユメ)に出会います。中には人や動物の顔に似ているものなど、比較的馴染みのある冬芽も多くあります。このホウノキは意外と背が高いものが多くて、近づけないものですから超望遠レンズで撮影して見ました。何れにしても芽を冬の寒さから守る工夫を観察するのも・・・GH4+100-400mm(200-800mm)で撮影。

カテゴリ:徒然なるままに
2017年12月13日
2017年12月12日
2017年12月11日
2017年12月10日
2017年12月9日
2017年12月12日
2017年10月16日
2017年5月13日
2017年5月13日