自然写真家 新井人の世界

寒緩んで

2017年2月7日

暦通りのような陽気のためでしょうか、堅く閉ざされていた森の中にも日差しが廻り、落葉の姿が多く見られるようになりました。訪れたミズスマシの池でも氷が溶けて、微かな水の動きが光っていました。とは言うものの束の間の温みであって、本格的な春の訪れは一月以上も先のことでしょうから、まだまだ冬の光景を撮影する日々は続き・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2018年10月15日
2018年10月14日
2018年10月13日
2018年10月12日
2018年10月11日