自然写真家 新井人の世界

銀山湖から望む

2017年5月23日

遊覧船の運航前とあって銀山湖に浮かぶのは数隻の釣り船のみ。したがって風が凪の湖面は水鏡のごとく、周囲の風景を見事に描き出されています。こうした好条件は満水時に近いこの時期ならではの光景で、しかもどこにでも着岸できるから嬉しのです。写真は70-200mmの200mmで撮影していますが、人間はわがままな生き物なのでしょうか、越後駒ヶ岳の上に白い雲でも浮かんでくれたならばなどと、なんとも身勝手な・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2018年1月23日
2018年1月22日
2018年1月21日
2018年1月20日
2018年1月19日
2017年12月24日
2017年12月12日
2017年10月16日
2017年5月13日