自然写真家 新井人の世界

アズマシャクナゲ

2017年6月14日

この季節の鳩待峠、山ノ鼻間で気になるのが、このアズマシャクナゲです。毎年繰り返して撮影していますから、当たり年外れ年もストックを眺めれば一目瞭然です。レンズは最低でも200mm,できれば300mmの望遠レンズが欲しいところです。それからこのシャクナゲの撮影をしていると、決まって聞かれるのが「何という鳥がいるんですか」。三脚を立てて高い位置にレンズを向けているからでしょうが・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2023年9月15日
2023年9月12日
2023年9月4日
2023年8月27日
2023年8月19日
2023年8月5日
2023年6月14日
2023年5月8日
2023年3月9日
2022年12月13日