自然写真家 新井人の世界

大江湿原

2017年7月24日

尾瀬沼周辺でいちばん大きな湿原の大江湿原は、かつてニッコウキスゲの花で埋め尽くされていましたが、約10年前ごろからニホンジカの食害により壊滅的な状態になり、一時は夏の代名詞とも言えるニッコウキスゲは疎らにしか見ることができませんでした。しかし関係者の努力で少しずつ回復して、部分的ですがその姿を眺めることができるようになりました。夏休みに入り子供たちの歓声が渡る季節・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2018年7月18日
2018年7月17日
2018年7月16日
2018年7月15日
2018年7月14日