自然写真家 新井人の世界

山背吹いて

2017年8月19日

かつては(今も?)山背が吹くと凶作になると恐れられていましたから、この季節に下北半島のアオモリヒバ(ヒノキアスナロ)の撮影をしていると、常にそうしたことが頭をよぎります。なぜならば、撮影時には冷たい雨が降り続いてくれた方が、幹が黒光りして普段は見せない表情を与えてくれるからです。もちろんそれだけではありません・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2019年3月25日
2019年3月24日
2019年3月23日
2019年3月22日
2019年3月21日