自然写真家 新井人の世界

水平線

2017年9月23日

風景写真を長く撮影していますと、水平線の扱いに結構神経を使います。もちろん最近のデジタルカメラには水準器が内蔵している機種も多く、上手に活用している方も多いと思います。写真は尾瀬ヶ原中田代牛首分岐から200mmレンズで、下ノ大堀のシラカバを狙ったもので、一見水平線が曲がっているように見えますが、カメラの水準器だけではなくて外付けの水準器を着けての撮影ですから、傾斜しているのは湿原と光・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2020年9月29日
2020年9月28日
2020年9月27日
2020年9月26日
2020年9月25日