自然写真家 新井人の世界

ふたつのオウレン

2018年3月12日

天気予報がまた外れてしまい肌寒い赤城自然園で、お茶とキノコ汁の接待を受けて温まり撮影をスタートしました。まずは一株しかないといわれているバイカオウレン。ここは人気者なのか順番待ちの状態でしたが、過日の撮影時よりも開花が進みベストな状態でした。ついでナナフシ橋を渡ってカタクリの林に向かい、厚い落ち葉の中から花を咲かせているセリバオウレンを、敷かれている木道に座り込んでローアングルで・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2024年5月25日
2024年5月21日
2024年5月14日
2024年5月9日
2024年5月5日