自然写真家 新井人の世界

足下にも

2018年4月22日

どうしても歩いている目線での被写体探しが多くなりがちなのですが、時折立ち止まり視線を変えてみますと以外に新しい発見もあるものです。このイカリソウもそのひとつで、カメラザック槍ヶ岳を下ろして植物目線に近いアングルから観察をし、その後EOS 5D-4にEF11-24mmF4を装着し、ジッツオの三脚をローアングルに開いての撮影です。本来ならばあと一歩踏み込んでの撮影をしたかったのですが、三脚でイカリソウを痛める心配があるために、あえて少し離れた位置からの撮影となってしまいましたが・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2018年11月21日
2018年11月20日
2018年11月19日
2018年11月18日
2018年11月17日