自然写真家 新井人の世界

アサギマダラ

2015年9月21日

昨日が彼岸の入、今日は敬老の日、そして明後日は秋分の日です。この季節によく目にする花はヒガンバナでが、私が関心を抱いているのは、長距離を旅する蝶・アサギマダラです。暑い夏には尾瀬にもいますし、志賀高原などでもヨツバヒヨドリの蜜を求めて舞っていますが、毎年彼岸ごろになると赤城自然園に大挙して飛来して来るからです。

そんなことで赤城自然園に行ってみましたら、予想をはるかに超える数のアサギマダラが、フジバカマの周辺を優美に飛び変わっていました。同園ではマーキングをして飛行調査をしていますが、これまでに鹿児島県喜界島、時には台湾までの記録があるそうです。

それにしても、あの小さな体で(蝶としては大きいですが)どうして飛んでいくのでしょうか。それから、自分の生まれ故郷ではなくて、まだ見たこともない親の生まれた地にとか。

アサギマダラは神秘とロマンを感じさせる旅人ですね。アサギマダラ

カテゴリ:徒然なるままに
2019年5月21日
2019年5月20日
2019年5月19日
2019年5月17日
2019年4月16日
2019年4月16日
2019年3月29日