自然写真家 新井人の世界

秋・見上げて

2018年11月1日

ここのところ飛騨、鳥海、そして天城と駆け巡っている間に、足下の赤城自然園の秋色が日増しに濃くなり、森が今年最後の彩りに溢れて来ていました。同園はブナやコナラなどの森はもとより、カエデの仲間が20種を超えるとあって、他の里山に比較すると独特の秋を楽しむことができる唯一、貴重な森とも言え目が離せません。幸いにして週間天気予報もまずまずのようですから、EOS 5D-4+11-24mmF4.0+24-70mmF2.8+100-400mmF4.5-5.6(70-200mmF2.8)+180mmF3.5マクロレンズを、ラムダのカメラザック槍ヶ岳に詰め込み・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2018年11月21日
2018年11月20日
2018年11月19日
2018年11月18日
2018年11月17日