自然写真家 新井人の世界

秋から晩秋へ

2018年11月15日

先月から多彩な表情で楽しませてくれた秋も、ここのところは色が褪せたり葉を落としたりと様変わりをして、晩秋へと移り変わってきました。しかしイロハカエデなどを中心とした木々は、たけなわの秋を燃えさせている場所も少なくはありません。こんな季節の撮影はどうしても望遠系のレンズで、際立つ秋色だけを切り撮ることが多くなってしまい、一目で撮影場所(赤城自然園)らしさを表現することの難しさを・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2018年12月17日
2018年12月16日
2018年12月15日
2018年12月14日
2018年12月13日