自然写真家 新井人の世界

大江川

2019年3月15日

尾瀬沼周辺では最も大きな流れの大江川も、スッポリと雪に覆われてしまい瀬音を聞くことはできません。この大江川が縫うように流れる大江湿原では、ニホンジカの食害によりニッコウキスゲなどが壊滅的な被害を受けましたが、防鹿柵の設置などにより近年ではニッコウキスゲの花が、徐々にですが戻ってきました。そのニッコウキスゲも早く雪解けが進みますと晩霜の被害を受けて、見るも哀れな姿になってしまいますから、やはりしっかりと雪が降ってくれないと・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2019年12月9日
2019年12月8日
2019年12月7日
2019年12月6日
2019年12月5日