自然写真家 新井人の世界

春の森で

2019年4月5日

寒暖差にも負けじといくつもの花が開いて、一見冬枯れ模様の雑木林の中も活気が溢れて来ました。写真はキクザキイチゲですけれど、雪国や東北地方などに比べると茎がややか細く、花の色も少し淡い感じがします。それでも光の中で落ち葉を持ち上げて咲く姿には、やはり強い生命力を感じてしまいます。無防備のまま天候に身を委ねて凛として咲く多くの植物、それは生きとし生けるものの・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2019年11月21日
2019年11月20日
2019年11月19日
2019年11月18日
2019年11月17日