自然写真家 新井人の世界

ヒメシャラ

2019年4月25日

ナツツバキの仲間のヒメシャラも天城山系で多く見られます。その樹皮がスベスベしているところから、サルスベリと呼ぶ人もいるようですが如何に。写真は旧天城トンネルの脇のつづら折りの道を登り、天城峠を下田方面に進んだところでの撮影ですが、火照った頬を幹につけると冷たくて気持ちのいいものです。天城山系のコケブナの撮影では、北国のブナの森とは異なった樹木や草花、さらに生き物たちとの出会いがあり・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2020年8月10日
2020年8月9日
2020年8月8日
2020年8月7日
2020年8月6日