自然写真家 新井人の世界

ハンカチの木

2019年5月15日

西洋シャクナゲの仲間が咲き競うセゾンガーデンで、意外と人気の高いのがハンカチの木です。なんでも中国原産で各地で栽培されているようですが、赤城自然園では2本しかないらしいです。それにしても二枚の苞が垂れ下がる姿は確かにハンカチに似ていますから、ハンカチの木と呼ばれるようになったことは頷けます。それから幽霊の木とも呼ばれるらしいのですが、こちらの方もやはり二枚の大きな苞から連想したのでしょうか、イメージを膨らませて観察しないと・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2019年7月23日
2019年7月22日
2019年7月21日
2019年7月20日
2019年7月19日
2019年7月17日
2019年4月16日
2019年4月16日
2019年3月29日