自然写真家 新井人の世界

雨を待って

2019年6月8日

白駒池周辺のコメツガやトウヒを中心とした針葉樹の森は、雪こそ消えたものの幾分乾燥気味でコケなどにも元気がないように感じました。ですから梅雨入りは大歓迎なのかもしれません。もちろん雨の日の撮影は機材などが濡れないようにしなければなりませんから、決して快適な撮影ではなく煩わしい作業となってしまいます。それでも大地を潤す雨はありがたく・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2022年5月20日
2022年5月16日
2022年5月12日
2022年5月9日
2022年5月6日