自然写真家 新井人の世界

ニホンジカ

2019年7月8日

日本の自然保護運動発祥の地、保護運動の原点とも言われている尾瀬ですが、ここ十数年来大きな問題を抱えています。それはニホンジカの食害によって様々な植物、ことにニッコウキスゲやミツガシワが壊滅的な被害を受けています。また食害だけにとどまらず、シカが寄生虫などを落とすために行う砂浴び、つまり尾瀬では砂の代わりに湿原の泥炭でそれを行いますから、泥炭があちこちで掘り起こされてしまい、生態系にまで影響を・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2020年1月23日
2020年1月22日
2020年1月21日
2020年1月20日
2020年1月19日