自然写真家 新井人の世界

気になる森

2019年9月14日

日に日に秋の気配が深まる中、気にかかるのは標高2,000mを超えるコケの森です。おそらくナナカマドの実は赤く染まりはじめて、ゴゼンタチバナノの実も熟しはじめていると思います。そんなことから乏しい記憶を紐解くと、コメツガ、トウヒなどの林床を埋めつくしているコケの絨毯の緑色です。そんなことから北八ヶ岳の白駒池周辺の森、それから静かなたたずまいの茶水池周辺の森などです。ともかく北八ヶ岳にはコケの森が広がり・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2019年11月21日
2019年11月20日
2019年11月19日
2019年11月18日
2019年11月17日