自然写真家 新井人の世界

夜が長く

2019年9月24日

秋分の日も過ぎて夜が益々長くなり、撮影者にとってはある意味ありがたい季節でもあります。そんな中友人から頂いた天文手帳を見ると、ここしばらくは星空撮影には好機のようです。あとは天候がいかに見方をしてくれるかです。撮影場所は光害の少ない標高1,400m湿原、1,660mの湖畔、1,969mの湿原、それとも2,115mの森など数カ所あって悩ましいところです。何れにしても秋の夜長を楽しみながら・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2022年12月6日
2022年11月25日
2022年11月16日
2022年11月10日
2022年11月3日
2022年9月20日
2022年9月13日
2022年8月20日
2022年7月22日