自然写真家 新井人の世界

赤べこ

2019年10月17日

赤べこが奥会津地方の郷土玩具程度は知っていましたが、今回の旅で柳津町がその発祥の地だと教えてもらいました。写真は日本三虚空蔵のひとつと数えられている、名刹福満虚空蔵菩薩圓蔵時近くの赤べこ親子で、お父さんが「福太郎」、お母さんが「満子」、そして子供が「もうくん」と「あいちゃん」とのことです。ちなみにベことは牛のことですから、岩手県出身の作家がミズバショウのことを、ベコの舌と読んでいたことも頷けます。それから近くには版画家・斎藤清美術館がありますから・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2019年11月21日
2019年11月20日
2019年11月19日
2019年11月18日
2019年11月17日