自然写真家 新井人の世界

透過光で

2019年11月5日

色づきが遅いこととストレートに見た紅葉の表面が荒れていたので、木々の下側に回り秋の日差しを活用しての撮影が多くなってしまいます。写真は赤城自然園芝生広場の北側から、トチノキなどの秋を見上げるようにしての撮影です。休日でもあり来園者も多くなかなか散策する人々を避けての撮影は難しいので、後々肖像権などでのトラブルを防ぐためにも行き交う人の顔が写らないように配慮しています。カメラは5D-4+EF11-24mmF4.0ですから・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2024年5月25日
2024年5月21日
2024年5月14日
2024年5月9日
2024年5月5日