自然写真家 新井人の世界

閉ざされて

2020年2月7日

この冬一番の寒波のが南下したためでしょうか、赤城自然園でも気温はマイナスとなり風花が舞いました。しかし寒さに負けていては身体が鈍ってしまうと、いつもの槍ヶ岳を背負って森の中を歩いて見ました。たしかに樹上を駆け抜ける北の風には勢いがあるものの、森が風と寒さを吸収してくれているためか、歩いている分にはさほど苦にはなりませんでした。しかし見渡す梢に野鳥たちの姿はほとんどなく、今日もまた撮影はできませんでした。写真は久しぶりに閉ざされたミズスマシの池ですが・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2024年2月24日
2024年2月18日
2024年2月13日
2024年2月7日
2024年1月30日
2023年8月5日
2023年6月14日
2023年5月8日
2023年3月9日
2022年12月13日