自然写真家 新井人の世界

啓蟄

2020年3月5日

二十四節気の啓蟄です。すでに触れていますように冬籠をしていた虫たちが、目覚める頃です。それは動物たちが陽気に誘われて、地上に出る喜びを感じる季節です。物の本によりますと啓は開く、蟄は冬眠している虫たちという意味だそうです。またここでいう虫はすべての動物ことを表すとのことです。虫たちだけではなく私たち人間も冬を脱ぎ捨てて、春モードに切り替える時期でも・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2020年7月10日
2020年7月9日
2020年7月8日
2020年7月7日
2020年7月6日