自然写真家 新井人の世界

名残の雪か

2020年3月16日

当地はミゾレでしたのに標高が200m程高い赤城自然園は、薄らと淡雪の世界になったようでした。しかし私の入園が遅かったために、大半の木々からは雪が溶けてしまっていました。仕方なしに園内の散策路を歩いていましたら、日当たりの遅い場所で写真のカエデを見つけることができました。写真でも分かるように淡雪は溶けて凍り一見樹霜のようにも見えましたが、今年は暖かい日が続いているから名残の雪になってしまうかもと、現場の証拠写真として撮影してみました。さて、この先春の雪は降ってくれるのか・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2020年7月8日
2020年7月7日
2020年7月6日
2020年7月5日
2020年7月4日