自然写真家 新井人の世界

緑の湿原

2020年6月11日

入山自粛の続く尾瀬ですけれど関係者の情報を元に想像してみると、尾瀬ヶ原を囲む森は緑色を深めて湿原の緑の中に、背を伸ばして来たワタスゲの白い綿毛(花穂)が揺れる季節かと思います。写真は中田代竜宮十字路からの至仏山、それから景鶴山の様子を撮影したものです。ミズバショウの季節が過ぎて尾瀬は日々花の尾瀬に変貌しているでしょうから、梅雨空の下静かな木道を歩きながら花々との出会いや、幻想的な光景を楽しむのも・・・

 

カテゴリ:徒然なるままに
2020年7月5日
2020年7月4日
2020年7月3日
2020年7月2日
2020年7月1日