自然写真家 新井人の世界

至仏山

2020年7月10日

深田久弥さんが名著「日本百名山」で慈母とたとえた至仏山は、同厳父と形容した燧ヶ岳とともに尾瀬を代表する山です。その至仏山は高山植物の山として人気が高く、この時期には多くの人たちが頂を目指しています。しかし、今年は梅雨らしいうっとおしい天候が続いていて、例年に比べて登山者が少ないとのことです。写真はレブンウスユキソウ、ハヤチネウスユキソウとともに、ヨーロッパアルプスのエーデルワイスに似ていると言われているホソバヒナユキソウですが、いつになったら・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2020年8月8日
2020年8月7日
2020年8月6日
2020年8月5日
2020年8月4日