自然写真家 新井人の世界

姿を消すキノコ

2020年7月26日

霧雨に煙る森を抜けて野草の原っぱに足を踏み入れると、ヤマユリの濃厚な芳香が漂っていて何とも言えない心地よさを感じました。その香りに後ろ髪を引かれるように歩みを進めると、園の方に教えてもらった見事なタマゴタケが、雨を受けて怪しいほどの色彩で迎えてくれました。このタマゴタケですが、前記したように突然、あるいは忽然と姿を消してしまった現場を数多く目にしています。その原因はイノシシ?アナグマ?それとも食用と知っている・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2020年8月8日
2020年8月7日
2020年8月6日
2020年8月5日
2020年8月4日