自然写真家 新井人の世界

夏の花

2020年7月29日

先日大江湿原などを歩いてみましたが、コオニユリの姿をあまり見かけませんでした。自然界のことですから当たり年もあれば、当然外れ年のこともありますから気にすることはないのですが、毎年のように咲いていた場所にないとやはり寂しいものです。そう言えばコオニユリだけではなく、オゼヌマアザミの姿も少ないと感じました。尾瀬ヶ原では異常に早くキンコウカが咲き、至仏山の植物も例年よりも早いと聞きます。こうしたことも暖冬小雪の影響なのか・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2021年8月3日
2021年8月2日
2021年8月1日
2021年7月31日
2021年7月30日