自然写真家 新井人の世界

風冷たくても

2021年4月27日

上越国境など北部の山岳地帯では春の雪化粧をして、この季節としては冷たい風に見舞われたものの、百花繚乱に染まる赤城自然園には多くの人が訪れ、寒さにめげずに園内散策を楽しんでいました。園内ではシロヤシオ、ムラサキヤシオなどのツツジの仲間、それからシャクナゲなどが次々と見頃を迎えているだけではなく、野鳥たちの囀りに混じってカエルの合唱なども耳に届き、森全体が初夏の彩に包まれていました。この季節の移ろいのスピードはさらに拍車がかかり・・・

 

 

カテゴリ:徒然なるままに
2021年12月6日
2021年12月5日
2021年12月4日
2021年12月3日
2021年12月2日