自然写真家 新井人の世界

ハンカチノキ

2021年5月10日

森の緑が日々深まるに合わせて、今年もツツジの仲間が随所で見頃を迎えようとしています。そんな園内でひと気は来園者の人気を集めてるのが、セゾンガーデンで白い苞(苞葉)を風に揺らしているハンカチノキのようです。写真は昨日の撮影ですから苞(ハンカチ)の垂れ下がり方で、まだまだ見頃は少し先になると判断できると思います。何にしても毎年この時期になると園への問い合わせを含めて、再会を楽しみにしているご常連さんも多いようです。それから、このハンカチノキは別名を幽霊の木とも呼ばれるようで・・・

 

 

カテゴリ:徒然なるままに
2021年9月17日
2021年9月16日
2021年9月15日
2021年9月14日
2021年9月13日