自然写真家 新井人の世界

梅雨空に

2021年6月18日

ミズバショウシーズンが一段落つき静けさが戻って来た尾瀬ヶ原を、梅雨空の下で撮影したいと訪ねたところ、午前11時半ごろから激しい雷雨に見舞われてしまい、2時間以上を尾瀬ヶ原で過ごす羽目になってしまいました。幸に傘を打つ雨音で雷さまの音は消されたものの、時折眼に入る閃光は気持ちの良いものではありませんでした。それにしてもあまりもの雨に天の水が枯渇してしまわないのかと、妙な心配などをしてしまいました。しかし、緑に染まりいく尾瀬ヶ原は美しくて・・・

 

カテゴリ:徒然なるままに
2021年12月6日
2021年12月5日
2021年12月4日
2021年12月3日
2021年12月2日