自然写真家 新井人の世界

小さな世界

2021年7月4日

大判カメラで大きな風景を長年撮り続けていたものですから、足下の小さな世界を探すのは苦手中の苦手ですが、テーマに沿ってまとめる場合はどうしても必要なカットです。そんなことから落とし物を探すような視線で、森の中を眺めながら撮影をしています。しかし、不慣れからかなかなか小さな世界が見えてこないのが現実で、これからもすっかり視力が低下した目を皿にして、少しでも充実した作品に仕上げなければと・・・

 

 

カテゴリ:徒然なるままに
2021年8月6日
2021年8月5日
2021年8月3日
2021年8月2日