自然写真家 新井人の世界

毛細血管のように

2021年8月17日

別記したように鳥海山は伏流水の山と言われていて、滝や渓谷、それから湿原などが多いだけではなく、山麓に広がるブナのあがりこの森に中にも、まるで毛細血管のように大小の流れが多く見られます。そんなことから、あがりこの撮影に並行してその流れも撮影してますものの、その数が多すぎてなかなか撮りきれないのが現実です。ブナの北限と言われている北海道黒松内の森から、西の広島県比婆山まで歩いて見たものの、森の中にこれ程の流れは見たことがなく・・・

 

 

 

カテゴリ:徒然なるままに
2021年9月26日
2021年9月25日
2021年9月24日
2021年9月23日
2021年9月22日