自然写真家 新井人の世界

樹海

2021年10月2日

樹海と聞くと多くの人が富士山麓の青木ヶ原樹海をイメージするでしょうが、東北地方には世界自然遺産の白神山地を始め、多くのブナの樹海がありますもののなかなか全容は見られません。写真は十和田湖の北側に広がるブナの樹海ですが、安易に入り込んでしまうと迷って戻ることはできません。そんなこともあってか、青木ヶ原樹海は自殺の名所などとも言われているようです。もっとも自殺の名所とは、松本清張の「波の塔」の影響が少なくないとも・・・(レタッチの得意な人ならば、左上の岩木山を出せるのでしょうが)

 

カテゴリ:徒然なるままに
2021年10月28日
2021年10月27日
2021年10月26日
2021年10月25日
2021年10月24日