自然写真家 新井人の世界

衰えて

2021年10月5日

2004年小学館から上梓した「緑の水脈」の撮影で、偶然出会ったクリの巨木を「栗太郎」と命名して、随分と時が流れて道路標識にも明記され認知もされました。その栗太郎を秋晴れの中久しぶりに訪ねたところ、樹勢がだいぶ衰えていたのには正直驚きました。この栗太郎が鎮座するクリの森は、県森林部(当時)の調べで日本一の規模と言われていました。赤城山に通じる県道沿いに広がる自然クリの森には、栗太郎以外にも巨木が多く・・・

 

 

カテゴリ:徒然なるままに
2021年10月28日
2021年10月27日
2021年10月26日
2021年10月25日
2021年10月24日