自然写真家 新井人の世界

晩秋へ

2022年11月16日

連日紅葉を楽しませてくれた赤城自然園も、カエデの葉が落ちはじめて森の見通しが良くなって来ました。それでも透過光で見る限りは十分美しいのですが、やはり晩秋へと季節は移ろいを止めません。そんな中初夏に様々なツツジで彩られて散策の小径では、ミズナラがだいぶ色づきを増して来ましたから、防寒を備えてこの時期ならではの光景探しも一向なのでは・・・

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:徒然なるままに
2024年4月20日
2024年4月16日
2024年4月12日
2024年4月10日
2024年4月4日