自然写真家 新井人の世界

時代物もおもしろい

2024年1月7日

かつて旅先で読み耽った内田康夫さんの初時代物、随楓と呼ばれていた若き時代から、徳川家康の懐刀として権勢をふるった天海の物語「地の日 天の海」(上下巻・角川文庫)を読みました。次は二代将軍秀忠の庶子として生れ、初代会津藩主保科正之に関する物を読みたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:徒然なるままに
2024年3月2日
2024年2月24日
2024年2月18日
2024年2月13日
2024年2月7日