自然写真家 新井人の世界

徒然なるままに

ミツガシワ

2019年6月16日

某大学名誉教授によりますと、猫にマタタビ、鹿にミツガシワとのことです。(名言)つまりミツガシワ(根)はニホンジカの大好物な食材と言うことになります。そんなことからでしょうか、尾瀬ヶ原からミツガシワの群生地が消えて久しくなります。写真は竜宮十字路近くの木道間に隠れるように咲いていたミツガシワですが、将来的にかつてのような群生地が蘇るのでしょうか。ミツガシワが消え、ニッコウキスゲも壊滅的な被害を受けて・・・

カテゴリ:徒然なるままに

ひっそりと

2019年6月15日

鳩待峠~山ノ鼻間は尾瀬の中でも最も多くの人が利用するコースですから、ミズバショウのシーズンは過ぎたとはいえ結構な賑わいでした。しかしその多くの方が尾瀬ヶ原、あるいは下山で鳩待峠を目指しているためでしょうか、木道の脇にひっそりと咲くオオサクラソウに目を止める人は少ないようでした。他にも決してミズバショウやニッコウキスゲのように有名ではないものの、季節ごとに多くの植物が・・・

カテゴリ:徒然なるままに

シャクナゲ

2019年6月14日

尾瀬にはシャクナゲの仲間がいくつかありますが、ミズバショウの季節に見られるアズマシャクナゲ、夏の至仏山などに咲くハクサンシャクナゲなどは、大きな株もあり遠くからも人目を引きます。そんなことから、梅雨空の下アズマシャクナゲは見られなくなりましたが、ハクサンシャクナゲの蕾が日々膨らむ姿を見ることができます。写真は上がアズマシャクナゲで、下がハクサンシャクナゲですが、夏空にその姿を・・・

 

カテゴリ:徒然なるままに

ギンリョウソウ

2019年6月13日

漢字では銀竜草と書くようですが、ギンリョウソウはその出で立ちからユウレイタケなどとも呼ばれ、いわゆる腐生植物の中では最もポピュラーかもしれません。それからギンリョウソウが初夏に多く姿を見せるのに対して、数こそ少ないもののよく似ているのが盛夏に見かけるシャクジョウソウかもしれません。他にもギンリョウソウモドキなどもありマスカラ、植物の不思議を探るには・・・

カテゴリ:徒然なるままに

梅雨寒に

2019年6月12日

梅雨前線に吹き込むオホーツクからの冷たい風の影響でしょうか、気温がほとんど上がらずに4月下旬並みの寒さの中、見上げてみればエゴノキが重たいほどの花を見せていました。また石場周辺ではニッコウキスゲ、ノイバラ、アヤメなどの花も見頃を迎えていました。そう言えばアサギマダラも数頭飛び交っていましたし、卵も数個見ることもできました。梅雨寒と我々が感じてしまう雑木林の中では、生きものたちは着実に・・・

カテゴリ:徒然なるままに

樹雨

2019年6月11日

梅雨に入り目玉となるような花が少なくなったでしょうか、赤城自然園が静かさを取り戻したようです。それでも森歩きを楽しみ草花を愛でる人は,雨具を着込み、あるいは傘をさして散策を楽しんでいます。写真はブナ林で少しだけ上を見上げながらの撮影ですが、恵の天水を浴びてブナが生き生きしているようにも写り、撮影者も普段見られない表情に・・・

カテゴリ:徒然なるままに

モリアオガエル

2019年6月10日

雨の中での撮影をしながらコナラ林からミズスマシの池に進みましたら、今年もモリアオガエルの卵塊をいくつか見つけました。そんな中にモリアオガエルの雄と雌が一緒の卵塊が3個ありましたが、2個は5DMark4+100-400mmで撮影できたものの、1個は遠すぎて撮影することができませんでした。なんでもこのモリアオガエルは2週間ほどでオタマジャクシになり、ミズスマシの池に落下・・・

カテゴリ:徒然なるままに

梅雨入りして

2019年6月9日

関東甲信越も梅雨入りしたらしいとのニュースが流れましたから、しばらくは雨が降りうっとしい日々が続くのかもしれません。そして上越国境の山々の小雪分をカバーする程度の、恵の雨はぜひ降って欲しいものです。さもないと利根川水系などは渇水となり、様々な影響が出てしまうかもしれません。暦の上では立春から数えて127日目が入梅(6月11日)が入梅ですから・・・

カテゴリ:徒然なるままに

雨を待って

2019年6月8日

白駒池周辺のコメツガやトウヒを中心とした針葉樹の森は、雪こそ消えたものの幾分乾燥気味でコケなどにも元気がないように感じました。ですから梅雨入りは大歓迎なのかもしれません。もちろん雨の日の撮影は機材などが濡れないようにしなければなりませんから、決して快適な撮影ではなく煩わしい作業となってしまいます。それでも大地を潤す雨はありがたく・・・

カテゴリ:徒然なるままに

雪消えて

2019年6月7日

暖冬小雪の影響らしいのですが、白駒池周辺の残雪がすっかり解けてコケの森が姿を現しましたから、若い頃撮影した白駒池とは別の表情を追いたいと訪ねてみました。その結果若い頃には気がつかなかった新しい出会い、発見をいくつも体で感じることができました。当地から片道おおよそ150キロと近い距離ですから、まずは梅雨の中での撮影を開始・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2019年6月26日
2019年6月25日
2019年6月24日
2019年6月23日
2019年6月22日
2019年4月16日
2019年4月16日
2019年3月29日