自然写真家 新井人の世界

再会

2017年8月27日

 

見上げれば秋の気配を感じさせる雲の流れを目で追いながら、玉原のブナ林に分け入り背丈ほどの笹漕ぎをして、おおよそ半年ぶりにミズナラの巨木と再会を果たしました。雪の中ではスノーシューを履き膝上までの新雪をラッセルしたことを思えば、短い笹漕ぎは楽なものでした。今回の再会は、これから四季を通じて撮影を続ける宣言のように・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2020年8月9日
2020年8月8日
2020年8月7日
2020年8月6日
2020年8月5日