自然写真家 新井人の世界

ブナの花咲いて

2018年4月11日

数年に一度咲くと言われているブナの花が、今年は芽吹きと同時に咲いてくれました。こうした姿を見てますと心は北国の原生林に奪われてしまいます。しかし、気になるのは残雪が少なく雪解けが早いとのニュースです。数メートルの残雪に広がる芽鱗、深い根明けの穴、そして黄緑色に萌える若葉、こうした世界を30年以上追いかけて来ているものの、今年のそれを占うことはできないのが不安要素です。かといって私が追いかけて来た原生林を撮影している人は稀で、ネットでも情報を取集することは・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2018年7月17日
2018年7月16日
2018年7月15日
2018年7月14日
2018年7月13日