自然写真家 新井人の世界

初夏を映して

2018年5月8日

好天に恵まれた大型連休に少しだけ赤城自然園を歩いてみましたら、コナラ、クヌギ、ケヤキなどの森が若葉色に染まり、この季節ならではの薫風が走り抜ける光景はまさに里山の絶景でした。写真は普段よりも少し腰を低くして、EOS 5D-4+400mmでミズスマシの池の映り込みを撮影したワンカットです。時には歩く視線だけではなくて子どもの目線で眺めてみますと、見慣れた光景の中に新しい世界が発見できることも・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2018年8月17日
2018年8月16日
2018年8月15日
2018年8月14日
2018年8月13日