自然写真家 新井人の世界

土に還る

2018年5月12日

先日まだ冬季閉鎖の道を歩いて緑眩しい中島台を訪ねましたら、約四半世紀も見つめながら撮影を続けていたブナが、その生涯を終えて土に還ろうとしていました。生きとして生ける物すべての命に終わりがある以上、その現実を受けとめることとしましたが、鳥海山の厳しい風雪に耐えて傷つきながらも生き抜いた姿に何度も感動したものでした。中島台には数知れないほどのブナのあがりこが、それぞれの運命をまっとうしようと懸命に・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2024年5月25日
2024年5月21日
2024年5月14日
2024年5月9日
2024年5月5日