自然写真家 新井人の世界

せみしぐれ

2018年7月20日

蝉時雨と聞くと藤沢周平さんの時代小説を思い浮かべますが、今回のせみしぐれは某里山での出来事です。最近の田舎ではアブラゼミやミンミンゼミが激減していて、むしろ都会の方が賑やかなように感じています。しかしコナラやクヌギなどの里山では、夕刻になりますとかなりの数のヒグラシ?の大合唱(大合奏)が、森に降り注ぐようにしみ渡ります。その音は撮影時に消音できないGH5に正確に録音されますが、OFF機能のあるEOS 5D-4では・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2018年8月14日
2018年8月13日
2018年8月12日
2018年8月11日
2018年8月10日