自然写真家 新井人の世界

手引頭

2018年8月29日

樹齢300年を超えると言われていますコケブナの巨木が、森の中に広く点在している代表的な場所のひとつが、タコブナも鎮座している手引頭です。ここも繰り返しになりますが登山道、あるいは散策路などはなく感を頼りに森の中を登らなければなりません。写真は伊豆山稜線歩道(登山道)から、その手引頭に入り込むための分岐点にあるブナで、これまでにも繰り返して撮影をしている馴染みの木です。これはこの木の撮影だけではなくて常に感じるのですが、木の撮影は難しくて悩むことばかりで・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2018年9月23日
2018年9月21日
2018年9月20日
2018年9月19日