自然写真家 新井人の世界

ヒメシャラ

2018年9月2日

ナツツバキの仲間のヒメシャラ(姫沙羅)も天城山系丸山、猫越、手引頭などの一帯で多く見られます。しかもかなりの巨木も目立ちます。このヒメシャラですが、夏の山歩きで火照った頬を幹につけると冷んやりとして気持ちの良いものです。写真は霧雨に煙る手引頭と猫越間の伊豆山稜歩道上での撮影ですが、その姿に天城で生き抜いている風格さえ感じました。いたるところで目にするコケブナの倒木更新に比べて、ヒメシャラの樹勢には・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2018年12月14日
2018年12月13日
2018年12月12日
2018年12月11日
2018年12月10日