自然写真家 新井人の世界

実りの秋

2018年9月28日

ブナの仲間のクリやミズナラなどが、昨年とはうって変わり豊作のようですから、クマをはじめ山の住人たちには嬉しい実りの秋のようです。写真は赤城自然園の山栗ですが、来園者が次々に栗拾いをしてニヤニヤ、もとい、笑顔で言葉を交わしています。もちろん園内ではすべての採取はご法度ですが、そこはそれ来園者同士がお互いに見てないふりをしているようです。何れにしても日毎秋が深まり樹々の実が熟していき、様々な生き物たちがその恩恵を受けながら、来るべき冬を乗り越える準備に余念がないのもこの季節・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2018年10月19日
2018年10月18日
2018年10月17日
2018年10月16日
2018年10月15日