自然写真家 新井人の世界

師走

2018年12月1日

月めくりのカレンダーもついに最後の一枚となってしまい、あらためて歳月の速さを実感しています。その師走は本来ならば上州名物からっ風、赤城下ろし、あるいは上越国境の山から吹き付ける寒風で砂埃が舞い、時として景色を埃色と染めるのですが、今年は様子が随分と異なっています。お犬様の散歩中に行き合う人々も、今年は暖かいねと笑顔で言葉を交わす毎日です。しかし、さすがに赤城西麓の地ですから、いつまでもこんな穏やかな日和が続くはずもなく・・・

カテゴリ:徒然なるままに
2018年12月17日
2018年12月16日
2018年12月15日
2018年12月14日
2018年12月13日